ハッピーメール

ハッピーメールで出会った美人OLをお持ちかえりした体験談

こんにちは。

現在、セフレは3人をキープしています。

先日、ハッピーメールを使って、新しいセフレが増えました。

長らく彼氏がいない36歳OLと知り合った体験談です。

初対面の時、嘘だろってくらい美人で驚きました。

今でも彼女との関係は継続中!

すっかり私とのセックスにハマっちゃったようです。

ハッピーメールのプロフ検索でOLと知り合う

今回の女性をセフレにした流れは以下。

  1. ハッピーメールのプロフ検索で女性を探す
  2. LINE交換してデートの約束をする
  3. ダーツバーでイチャイチャしまくった
  4. かなり親しくなってホテルへ
  5. セックスを満喫してセフレ関係に

知り合ったのは半年ほど前。

この日も息抜きにハピメにログインして、プロフ検索で女性を探していました。

書き込みを閲覧していると、ちょっと気になる女性を発見。

初めまして!あさみです。
仕事は外資系企業のOLをしてます。

性格は明るく人見知りはしないタイプです。
甘えん坊で構ってちゃんです(笑)

趣味は料理とキャンプです。
キャンプが好きな方と仲良くなれたら嬉しいです。

気軽に話しかけてくださると喜びます。
宜しくお願い致します。

外資系企業で働いているという女性。

久しぶりにOLとエッチしたくなり、アプローチしました。

初めまして!あさみさんはキャンプが好きなんですね。自分もキャンプが好きで、たまにソロキャンプしたりしてます。お勧めのキャンプ場などがあれば教えて欲しいです。時間がある時にでもメッセージもらえると嬉しいです。

相手の趣味がキャンプだったので、キャンプの内容にしています。
相手に近づく感じでメッセージを送ると、返信がきやすいです。

そして、しばらく待っていたら女性から返信が。

メッセージありがとうございます。ソロキャンプするんですね?私も一度行ってみたいと思っています。良かったらお話を聞かせて欲しいです。

印象は良く、彼女は私に前向きな返信をくれました。

サイト内で10通ほど雑談して、LINE交換に成功。

その後…

趣味や仕事など色々話していたら、最近ハマっているダーツの話に。

友達とダーツバーに行って、興味を持ったみたいです。

私はダーツが得意だったので、誘ってみることにしました。

「ダーツにハマってるんですね?」

「はい、友達に誘われてやり始めました。
たまにダーツバーに行ってますよ。」

「そうなんだね!今度一緒に行かないですか?
ダーツ得意なので教えますよ」

「ホントですか?全然うまくないので、ぜひダーツ教えてください。」

すんなり承諾してくれて、ダーツデートが決定しました。
ダーツバーは、店内の照明が暗くエッチな雰囲気に持ち込みやすいですね。

ハーフ系の美人OLとダーツを楽しんでホテルへ


デートの当日、仕事を終えて待ち合わせ場所に到着。

1人の女性から声をかけられました。

「あの〇〇さんですか?」

「そうですよ!初めまして!」

「今日はよろしくお願いしますね!」

お洒落でショートヘアが良く似合う美人女性でした。

見た目は女優の広瀬アリスさんに似ていて、ハーフっぽい顔立ち。

36歳と言っていましたが、年齢よりは若く見えます。

お互いお腹が空いていたので、軽く食事をしてから、ダーツバーに。

お酒を飲みながらダーツを楽しみ、仲を深めていきます。

「ダーツの投げ方を教えて欲しい」

と言ってきたので、教えてあげることに。

「フォームはこんな感じ」「矢の持ち方はこうだよ」と教えながら、自然にボディタッチができます。

彼女も特に嫌がる様子を見せません。

もうここからはホテルに誘うことで頭がいっぱいw

ダーツをして1時間が経過した頃には、かなりイチャイチャしていたと思います。

お酒も進んで、ダーツをまともに投げれなくなる彼女。

お会計を済ませてお店を出ることにしました。

外に出たら、彼女は体を寄せてきて甘えてきます。

この時点でセックスが確定したようなものです。

そのまま近くのホテルに向かいました。

OLが黒Tバックを履いていて興奮しました

イチャイチャしながら部屋に到着。

ソファーで彼女の腰に手をまわして、軽くキス。

服を脱がすと、胸を頑なに隠そうとします。

強引に手をほどいて、おっぱいを舐めてやりました。

後から聞いたら、1年ぶりのエッチだったそうです。

久しぶりだからか、恥ずかしそうにしていました。

「先にシャワーを浴びてきますね」

そう言ってバスルームへ。

彼女は際どい黒Tバックを履いていました。
こんなエロい下着を履いてたなんて…

交代でシャワーを浴びて出てくると、
バスローブを着てベッドに腰かけています。

隣に座って、彼女をゆっくり抱き寄せながらキス。

バスローブをはだけさせて、
おっぱいを舐めつつ、手マンをしていきます。

「あん、あぁぁ」

彼女からは喘ぎ声が漏れだす。

「すごい濡れてるよ」

指を奥まで入れると、声が大きくなります。

しばらくして、攻守交代。

フェラチオをお願いすると、照れた表情でチンコを咥え込んできます。

上手さ的には普通でしたが、一生懸命してくれると気持ちいい。

もうすっかりセックスモード。

「ゆっくり入れてね…」

そう言われ、ゴムを付けて挿入。

オッパイだけじゃなく、アソコの感度も良い。

正常位、騎乗位、バックと体位を変えていきました。

射精感が込み上げてきたので…
最後は正常位に戻って、フィニッシュしました。

ぐったりする彼女を見ると、ひと仕事終えた感がありますねw

ピロートークで色々話をしましたが、「良かったよ!」と言ってくれたので満足です。

濃厚セックスだったので、あっという間に休憩の終了時間。
ホテルから出て、最寄り駅まで送って解散しました。

その後の彼女との関係は…

セフレというかは、友達という感覚に近いかもしれません。

普段、会って食事だけで帰る時もあれば、セックスをして帰ることもあります。

付き合っていませんが、都合のいい女という感じですね。

これこそ私が求めている関係ですw